バスガイドならば、これだけは守れ!


by ht2p6pr0nm

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 犯罪や非行のない社会づくりを目指す法務省の「社会を明るくする運動」に協力するため、谷村新司さん(61)が応援歌「咲きほこる花のように」を作詞作曲し、24日、千葉景子法相にCDを贈った。

 きずなを大切にする谷村さんの活動が運動の趣旨に合うと法務省が依頼し、谷村さんも共鳴。保護司の手記に目を通して作詞した。収益は更生保護活動に寄せる。

 稲妻のように鮮烈な音楽で若者に支持されたアリスの結成から約40年。還暦を過ぎた今も「歌に接すれば、自分は独りじゃないと教えてもらえる。手を差し伸べる大人でありたい」と、新たな「伝道師役」に谷村さんは意欲満々だ。【石川淳一】

【関連ニュース】
アリス:4度目の再始動、28年ぶり全国ツアー開催 谷村「おかえりと言って」

<口蹄疫>殺処分対象の種牛49頭延命を要望へ 東国原知事(毎日新聞)
<フィギュアスケート>夏も人気 満員続くアイスショー 現役トップが目白押し(毎日新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種99.5%終了(毎日新聞)
<普天間移設>キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用(毎日新聞)
普天間 辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
[PR]
by ht2p6pr0nm | 2010-05-28 13:37
 前原誠司国土交通相は18日の閣議後会見で、普通車で上限2000円などを柱とした高速道路料金の新たな割引制度について、6月実施を延期することを表明した。国会で関連法案の審議が遅れているためで、法案が成立するまでの間、土日休日の料金1000円割引など現行の制度を継続する。

 新たな割引制度については、一部の高速道路で実施する料金無料化の社会実験と同時に実施する予定だった。無料化の社会実験は予定通り6月下旬に実施することを強調した。

 高速道路の新たな割引制度では、一般の高速道路で軽自動車が上限1000円、普通車が上限2000円、中大型車が上限5000円に設定。それ以上の料金がかからない仕組みになっている。一方で現行の土日1000円割引などは廃止され、現行制度よりも割高になるとの批判が多く、関連法案の審議が進まなかった。

【関連記事】
東名阪道で紙幣ばらまく 277万円回収、男性保護
高速道連結「国策1位」に 9県が国交省と民主に要望
高速整備で共同アピール 鳥取、岡山の両県知事が会議
通行券をSAで交換 トラック運転手が高速「キセル」
【週末に想う】高速道路渋滞に愚策を見た 小林静雄
中国が優等生路線に?

転倒の三宅雪子衆院議員、車いすで国会(スポーツ報知)
夫の首絞め死なす=殺人容疑で51歳妻逮捕−奈良県警(時事通信)
国際定期便、10月末就航=羽田の新滑走路完成で―前原国交相(時事通信)
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪−12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
[PR]
by ht2p6pr0nm | 2010-05-19 17:35
 ■絵画技法を科学的に分析

 「幸福の画家」と呼ばれ、明るく生命感あふれる裸婦などの人物画で親しまれるピエール=オーギュスト・ルノワール。印象派の巨匠に位置づけられるが、その画業の実際は常に伝統に回帰しつつ様式の模索を続けるものだった。国立国際美術館(大阪市北区)で開かれている「ルノワール−伝統と革新」展は、終生変革をなし続けた画家の姿を、代表作など約80点で浮かび上がらせる。

 1874年から開かれた印象派展覧会にルノワールは3回出品。印象派の洗礼を受けたものの、その後、印象主義的手法の「限界」に行き着く。ルーブル美術館での模写から始まる彼の画業には、むしろルーベンスら過去の巨匠の作品こそ常に変わらぬあこがれだった。画家としてのスタートから晩年の作品までを紹介する今展では、いつも伝統に立ち返りつつ画風を刷新し続けた、作家の軌跡が見どころとなっている。

 ルノワールが「芸術の本質的な形式」として、熱情的に描いた裸体画も大きく変化する。イタリア旅行(1881、82年)を機に古典的様式に向かったルノワールの絵は、輪郭線のきつい人体と背景の不調和が課題になる。これに対し「水のなかの裸婦」(88年)では輪郭線をやわらげ、人体の陰影に水面の色彩を用いて、背景との調和を試みる。1910年ごろの「泉」になると、人体と背景が画面で多用される曲線により自然な融合をみせる。

 同展では光学手法で「水のなかの裸婦」など作品の画材や描法を解析した調査結果も公開。科学の目でもルノワールの絵画技法にせまっている。(坂下芳樹)

 6月27日まで(月曜休館)。国立国際美術館TEL06・6447・4680。

【関連記事】
ルノワールなど絵画1.5億円分横領 オークション会社など捜索
何人ご存知?歴史の偉人150人が並ぶゴム印の掛け軸
【京のいろ】新緑のモミジ 常寂光寺 美しさ、紅葉だけにあらず
絶世“天平美女”の正体は…ロボットでした
多感な少女が短歌に託した思いとは… 「ポニーテイル〜15才のみそひともじ」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
<祭礼行列>馬暴れ、6人重軽傷 電車の警笛に驚く? 大津(毎日新聞)
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
田島氏“お祭りガールズ”結成(スポーツ報知)
[PR]
by ht2p6pr0nm | 2010-05-12 14:22