バスガイドならば、これだけは守れ!


by ht2p6pr0nm

大阪地検、供述メモ廃棄…郵便不正事件(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、有印虚偽公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の裁判で、大阪地検特捜部が関係者の供述内容などを記した取り調べのメモを廃棄していたことがわかった。

 村木被告の弁護人が明らかにした。捜査段階で作成されたメモは、最高裁が「開示対象の公文書」との判断を示している。弁護側は同被告が事件に関与したとする関係者の供述を否定しているが、「メモの廃棄は信用性の判断を妨げる行為」と批判する。一方、大阪地検は読売新聞の取材に対し、「公判継続中の事件に関する事項であるため、回答は差し控える」としている。

 村木被告の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は「検察側は都合の悪い事実を隠すためメモを廃棄したのではないか」とし、今後の証人尋問で取り調べの状況を明らかにしていく意向だ。

4氏が届け出=岐阜市長選(時事通信)
チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明(毎日新聞)
過労死企業名公開訴訟 第1回口頭弁論 国は争う構え(産経新聞)
<全建国保>多数が無資格加入、都など徳島県支部を検査(毎日新聞)
<サッカー協会>新潮社を提訴 川淵名誉会長の週刊誌記事で(毎日新聞)
[PR]
by ht2p6pr0nm | 2010-02-02 19:13